お茶を美味しく入れられるようになるには?

今日は、お茶の間コミュニケーション講座の一日でした。

●午前中は、お茶をストーリーで伝える感性表現について。

農園茶を人におすすめする時のトークを、色々な表現方法で試しました。

●午後からは、問題を解決するために、

ブレンドされた言葉を分解して行く内容でした。

 

どちらも、毎回、実際にお茶を入れて飲みながら、

お茶を観察、活用しながらの、コミュニケーションワークです。

受講生さんの中には、講座に通うために初めて急須を買った方もいるのですが、

通い続けているだけで、どんどんお茶を

美味しく入れられるようになっているのです。

そして、自分の好みも見えてきます。

 1-1

お茶の美味しい入れ方は、

お茶の原理を意識して、

あとは繰り返して馴染むことです。

まさにコミュニケーションのコツと同じです。

まずは、意識するところから。

そして、人は忘れてしまうもの。

身体に馴染むまで、意識して続けることが大切ですね。

 

これで、会話しながらお茶も入れられ、

コミュニケーション力はばっちりですね♪

 お茶コミュ2

 

コミュニケーションに興味を持って通い始めたら、

結果、お茶の入れ方も習得しているわけですから、

とてもお得だと思いませんか?

 

【協賛】日本茶講座で使用するお茶は、各地の自園自製自販の茶農家さんたちが作る農園茶です。

 

=====早割特別キャンペーン=====

感性力を磨くための日本茶講座 

~お茶の間コミュニケーション~

3期生を募集します。

開催 2016年1月~6月まで 全12回

月1回  午前;1単位 / 午後:1単位 

開催日は、要相談・調整します

=====お申し込みは、こちらから。=========

 

*静岡NLP体験セミナー 10/31(土)9時~11時 

静岡駅前パルシェ会議室  詳細こちら