小さな花の可愛らしさに気付ける私になるために。

「 雑草という名の、野の花はない。」

昔、ある方がぽそりとつぶやいた言葉。

確かにそうだと。

その方は、庭に残す草と抜く草をどう見極めていくか?という話をしていました。

植えようとして植えた訳でもない草を、庭の景色の一つとして活かすかどうか?

これは、その人それぞれの感性ですね。

 

でも、これは野の花の話だけではないですよね。

会社の中の上司と部下の関係や人事は、まさにそのもの。

学校や仲間の中でも、名もなき多様な個性を認めて行けるかどうか?

が、その子やその仲間の成長に大きく影響してきます。

みながそれぞれ違った魅力を持っています。

野の花と同じで、目を凝らすと本当に可愛らしい花が咲いているようです。

日々アッという間ですが、そういう小さな花の可愛らしさに

気付けるようになりたいと思いませんか?

 
実は簡単な方法があります。

毎日、同じ生活パターンの中に、変化を見つける習慣をつけて行くだけ。

特別なコトをする必要は、ないんですよ。

 
例えば、昨日咲いてなかった花に、気付けるようになること。

今の季節は、金木犀が分かりやすいですね!

私も大好きな香りです。

よかったら、あなたも探してみてください。