暑苦しいを暑楽しい!に変えるコツ

毎日つらい暑いですね
金澤ゆうです

=====
西日本豪雨の被災地では
この暑さや不快感を
回避することも出来ず
心身ともに大変かと思います
一日も早く心穏やかな
暮らしになりますよう祈るばかりです
=====

暑苦しい時に暑い!と
言ってるだけでは
なんの変化も起こせないのですが
アートを使うと
おもしろい変化が起きます

例えば、蒸し暑いからこそ
暑い地域の音楽をかけてみます

この頃のお気に入りは
インドネシアのガムラン♪
かけるだけで
暑さを嫌がるのではなく

”らしさ”を楽しむ感覚になるから不思議!

他にも、
私は夏でも熱めのお茶を好むのですが
お茶を淹れるのも、同じく

私は”悟ったヨガ仙人”
になった気分で
流れるように
お茶をいれることで
熱を流して
涼を感じて遊びます
ここにガムランがピッタリだと発見!笑

日中にクーラーを使わないからこそ
これらの微細な感覚を
キャッチしているのだと思いますが

言語化出来ない感覚に
アートを入れると
無意識レベルで
変化を起こしやすいのだと感じています

先日の企業研修の前後にも
岡田裕之が
感性アートを使った
ワークを差し込んで
絵を描いたのですが

それ自体はその場で
劇的な変化や気づきを
起こすわけではないのに
その研修全体で気づいた事や
思ったことへの余韻が
とても長く味わえるのを発見しました

研修後も一人で
研修中に感じたことを
思い出す時間が
長くなるんですよ

不思議な感覚なのですが
これもやっぱり
暑苦しいを暑楽しいに
変えてくれる
音楽の効果と同じだろうなと思います

私たちはどうしても
淡い刺激に段々と
鈍感になりがちですが

続く余韻や
変化のプロセスの中にそこ
自分の感性を磨く
タネがあると思うんですよね

暮らしにアート思考を入れていく
岡田裕之が大事にしている感性です

暑い時、暑さを回避するだけでなく
暑さを演出する
プロデューサー気分になって
みてくださいね!

=====
感性アートで遊びながら
自己発見・自己理解を深めていく
感性アートコーチング
=====

五感遊びと
コーチングを組み合わせて
無意識レベルの気持ちを
カタチに現す一日を愉しんでみませんか?

7/26 (木曜)
感性アートコーチング1デイ
トレーナー 岡田裕之
http://kanseiinst-shizuoka.com/archives/3546

自分を大切にして、伸ばしてあげる事。
それは大人になったら
自分にしかできない大事な感覚だと思いますね

我慢させ過ぎていませんか?