秋だからこその楽しみは?秋の静岡茶の香り

秋ですね!もう10月が目の前に

秋だからこその、あなたの楽しみはなんですか?

私は…やっぱりお茶です

 

秋は、緑茶の美味しさを実感する時

温かいお茶が美味しく感じられる季節になると

緑茶も素直に、美味しさが増します

 

ということで、
~~~~

今日の話は、秋の緑茶についてのお話です

~~~~

お茶も植物

生きています

秋のお茶は、

未開封で冷蔵庫に保存してあっても

春の摘みたてのお茶よりも

ずっと風味が大人色に変化します

 

春の勢いがあるフレッシュな香りも

若さだなぁ~と初々しさは感じますが

緑茶に関しては、

断然、秋の大人味!!

 

魅力的な女性と同じで

秋になると熟成し

落ち着きと艶が出てきます

 

そんな秋のお茶の香りに

あなたなら、どんな色を見つけるでしょうね?

聞いてみたいものです

9月に久しぶりに

日本茶を使って

マインドフルネス体験を開きました

 

以前は、お茶ヨガと呼んでいた会ですが

春の新茶を夏の間ねかせておいて

この日のために、開封しました

 

その時の香りは

参加者の皆さんから

お茶のイメージ通りに

みどり色という声が出ました

 

実は私も、開封したばかりのお茶から

若葉の青々としたみどり色を見つけました

 

「あ!一緒だ」

と思ったと同時に

「まだ、飲むには早いな」

「全体に若すぎる」

と、思いました(笑)

「若さだけがウリじゃないのよ」

それが、私が緑茶に対して持っている信念です

 

そして、開封して半月ほど経ってから

友人でもある茶懐石の料理人に

そのお茶を淹れにいきました

 

空気に触れて香りが変化していたため

淡いみどりを含んだ山吹色に変化していました

そして、素晴らしい余韻に浸る

「あ~!コレコレ。」

 

2人で口を閉じて

非言語コミュニケーションタイム(笑)

微細は違いをキャッチする職人との会話は

とても面白いですね!

 

お茶は植物

生きています

 

私たちも生き物です

体調も小さく小さく

日々変化しているはず

 

がんばりすぎて

抑え込み過ぎてしまわないように

 

 

小さな変化に意識を向けていく時間を生み出すこと

それを私は

こころ豊かに暮らすこと

と言っています

 

静岡県のみなさんにとっては

緑茶はとても身近なものですが

近すぎて実は知らないことがたくさんあるのも

お茶の世界な気がします

それってもったいないですね!

 

幸せの青い鳥

と同じことが身近にもあるかもしれません

 

いつもざ~っとお茶を飲んでいる方は

一度じっくりお茶をのぞいてみてくださいね

===========

■第2回 日本茶マインドフルネス体験

10月16日(金)19時~21時
テーマ 好きと嫌いを感じ味わう

http://kanseiinst-shizuoka.com/archives/2617

開封直後のお茶
開封から時間が経ったお茶

感じ方はそれぞれですが
召し上がっていただこうかな

■京の五感あそび
10/4(水)19時~21時
岡田先生が行うアートで自分を見ていく時間
私もお茶を持って参加します
こちらもどうぞ
http://hiroyukiokada.com/5653-2

===========

■他にもリラックスできるお茶の活用法は
ここに掲載しています

http://kanseiinst-shizuoka.com/archives/category/blog/03-lesson/lesson-1

よかったら週末のリラックスセルフケア

いらしてくださいね