好きを選ぶとなぜいいのか?そしてお母さんたちに伝えたいこ コト

昨日は雨の朝
きっと多くの人は、雨は憂うつかな?

私もそう
足元ぬれるし、鞄もぬれるし。

でもね、ある時

お気に入りの傘に切り替えてみたんです。

開いた時にわくわくする傘を探していて
通りすがりのお店で発見!
内側の骨が青空の色なんだよ!!

雨の日なのに。(๑˃̵ᴗ˂̵)

それだけできゅんとして
一目惚れした。

元々周囲が見えるビニール傘が好きでしたが
こんなに楽しいビニール傘は
今まで見たことなかったの。

この傘を買ってから
雨の日が楽しくなりました。

なぜなら、きゅんとするには
傘を開かないといけないでしょう?

雨の日じゃないと、開かないもの。

朝起きて雨空を見ると
傘させるね♪となる訳です。笑

これは本当に効果的でした。

感情はこれほど自分の行動や
モチベーションに影響しているのかと
自分でも驚いた出来事でしたね。

「好き」を選ぶとね

楽しいこと > イヤなこと

に、なるでしょう?

どこに意識を向けて行くか?って、大事よね!

人生も同じ。

何を見て感じているか?

ご自分のこと、良く分かっていますか?

そして、もう一つ。
お母さんたちに伝えたいこと。

毎日忙しいかもしれないけれど
お子さんに、お子さんがわくわくする絵本を
読んであげてくださいね。

そのわくわく感は何かしら記憶に残り
大人になっても何かとつながっていたりします。

例えば、私がわくわくする傘
透明な傘が好きな理由は、
小さい頃に読んだ名前も忘れた
絵本の影響だと思います。

雨の日にさすと、傘の中から見た景色は青空で
ステキな世界が広がって見える
不思議な傘のお話でした。

だからなに?と思われるかもしれませんが
このわくわく感は、年令関係なく
若々しく生きるために必要な要素だと
思うんですよね。