心の声を

「読もう読もう」とせず、

「聴こう聴こう」とする。

そうすると、流れだす。