《自分磨きアプローチ》あなたは 外から派?それとも中から派?

先週は、京都で開催された岡田先生の
経営者・幹部クラスビジネス心理学セミナーや
週末の大阪感性コーチクラスの再受講と
合間に実家へ帰ったりと
充実した1週間を過ごしました

感性コーチクラスの後、何気なく
1枚写真を撮ってもらったら
自分でいうのもなんですが
とても良い表情をしていました

自然体で穏やかでオープンな笑顔
プラス
年齢相応の落ち着きもありました

この感じ
私が欲しがってたものなんです

ちょうど、フェイスブックで
感性本科クラスに入った
当時の私の写真も流れていて
その差に、自分の成長をしっかり感じる機会になりました

2枚の写真は、この記事にアップしてあります
http://kanseiinst-shizuoka.com/archives/2321

~~~
「自分磨き」という場合
あなたはどちら側から入りますか?
*洋服や化粧、持ち物など外側から変えたい派?
*自己認識・心のあり方など内側から変えたい派?
~~~

若い頃、誰だったかに
年を取った時の顔(表情)は、
自分の責任だと言われたことがありました

それ以来私は
その視点で年上の方々を見ていて
真似たい人・素敵な人を探してきました

見ているのは服装や装飾品ではなく
単純に、表情や醸し出す雰囲気です

かたや、別の方からは
高価な物(装飾品)を身に付けると
女性は自信が付くでしょう?
と言われたこともありました

なるほど、だからブランドが売れるんですね

自己改革・自分磨きをしたい時
外側の見た目から変えるのか
それとも内側のマインドを変えるのか

アプローチは色々かもしれませんが
外側を変えるだけでは
限界があるようにも思います

だって、死ぬときは丸裸!

まぁ、そこまで言わなくても
一人で過ごす時に
素のままでいたいなら
なんにも持っていない私自身が
穏やかに輝いている方が
より自然体で心地よいから

持ちモノがいくら輝いていたって
なんにも意味がありません

そのモノは「私」を表現してくれるわけではありませんしね


30代はがむしゃらかも!
今はぶつかって大変かも!

でも40代・50代とあなたが思い描く
素敵な笑顔が出せる大人になるために

今がある

そのために

どんな風に捉え直していくと
素敵な大人の表情が生まれてくるのか?
今起きている出来事を自分に無理をさせずに
どう解釈していくと成長につながるのか?
一緒に学んで身に付けて行きませんか

ステージを上げて
素顔の私が豊かな表情を持てるように

そんな素敵な大人の女性が増えたら
きっと未来は明るいなぁと思ったりしています

本当は、お会いしてお話しできるといいですね