【日本茶プチレッスン】習慣を変えたいなら小さな行動を変えてみては?

あんな人になりたい!これがしたい!

あれもしなくちゃ!これもやっとくべき!

思うことはたくさんあるけれど、現実はなかなか変化しにくいもの。

そんな自分を観て、

「やっぱり、自分を変えていくなん、て難しい。」

そんなふうに、自分にがっかりしてしまうことはありませんか?

 

どうでもいいようなテレビ番組をだらだら見て

見終わってから、見続けてしまった・・・と

途中で止められなかった自分にダメ出ししたり。

これだ!とひらめいたのに

最後の一歩が踏み出せず、後悔したり。

 

もう少し言えば、あの人と良い関係を作りたいのに

直接会うと、素っ気なくしてしまったり

必要以上に厳しく当たってしまったり。

 

想いと行動はなかなか連動してくれない

私は素直じゃないから・・・

思う人が多いかもしれませんね。

 

そんな時に、おすすめしたい変化のコツが

本当に小さな行動を変えてみること

 

自分にとって、そんなにこだわりがないような

小さなことでいいのですよ。

例えば、いつも買っている納豆のメーカーを変えてみるとか。笑

いつもの電話の応対で、声のトーンを変えてみるとか。

そういう小さなことでいいんですよ。

 

そういう、どうでもいいようなこと

やってみたことはありますか?

 

やったことがない人は、ぜひお試しくださいな。

この、「試す」という行動も、

小さな行動を変えること、そのもの。

もしあなたが、いつも自宅でお茶をいれているならば

いれ方をちょっと変えてみるとか。

場所を変えてみるとか。

器を変えてみるとかしてみてはどうかな?

たったそんな小さなことでも

自分の中の「気分」が変わってくるのを

感じられるようになるかもしれませんね。

【美味しいお茶の入れ方 プチレッスン】

写真のように、一度湯飲みにお湯を注ぐことを「湯冷ましをする」といいます。

冷たい器にお湯を注ぐと、10度くらいお湯の温度が下がります。

たったこの動き一つで、お茶の美味しさが変わりますよ。

どう変わるのか?

よかったら、ご自分でお試しくださいね!