2017新茶情報 自然の摂理と収穫について

今日はとことん、お茶の話を。

新茶の季節になりました。

各茶産地では、新茶の製造が始まりました。

今年は、全国的に新芽の生長が遅く

また収穫量が少ない年になりそうです。

2割減なんだとか。

お茶を買って飲んでいる分には

なんの影響もないかもしれませんが

産地の製造現場では、収穫量が少なくて

なかなか厳しい状況です。

 

私は茶農家に2年間農業研修に入ったため

「飲用価値のある植物」として、

日本茶の世界、茶農業を眺めて来ました。

 

農業の一番不思議なところは

販売価格が未定のまま

一年間栽培し、製造していることです。

当たるも八卦当たらぬも八卦

博打的な要素も多分に含まれているような。。。

 

昔のように、お茶が多くのお客さんから

求められていた時は良かったですが

今はペットボトルのお茶があれば間に合う

という方も増えましたね。

私も、毎日ペットボトル茶を購入する自分に疑問を持つところから、お茶の世界にはまりました。

とはいえ、もちろん。

自分でいれて飲むお茶文化が

なくなることはなく

お茶を作る農家さんたちもいますが、

これだけ毎年、気候変動が激しいと

本当に自然まかせの農業は

予測不可能になり

大変だろうと思っています。
今日は、ちょっぴり、かなりマニアックな
お茶という植物の生長と収穫について

書きますね。

 

今年は、なぜこれほど収穫量が少ないのか?

 

春がかなり寒くて

茶の木が深く休眠していたから、だとか。

桜もかなり遅く、3月も

4月も意外と寒かったですよね。

冬季の雨も少なくて

潤い不足もあったかもしれません。

そのため、茶の新茶が

伸びて良いのかどうしようかと

悩んだようです。笑

 

この新茶の表面をアップにして描いたのが、

下の手描きのイラストです。

地域によって違いますが、

お茶は1年間で2回〜4回

新芽の収穫をします。

(ちなみに春の新茶が、1年間の中でも一番収穫量が多いため、皆さんがお店で購入している高価格帯の茶葉は、年間いつ購入しても味の濃い春の新茶(一番茶)が使われていますよ!)

話を戻しましょう。

なぜ、春は収穫量が多くなるかというと

秋から春までしっかり休眠した茶の木は

とても元気!パワーがあります。

だから、春の茶の木からは新芽も

たくさん出てきます。

イラストにあるように

古い枝の1番上から出てくる新芽を「頂芽」

その下からの芽を「側芽」と呼びます。

春の新芽は茶の木にパワーがあり

この側芽の生長が早く

頂芽と同じように、すくすく育ちます。

 

だから、春の新芽は芽数が多く

収穫量が自ずと増える傾向にあります。

ちなみに、新茶を刈ってから45日くらいで

次の新芽(二番茶)が出て来ますが、

だんだん茶の木の元気パワーが

減ってくるため、

頂芽はそれなりに育ちますが

側芽は、ひょろっとしがちです。笑

 

そして、今年の場合は、寒かったため

春で茶の木にパワーはあるけれど、

側芽の生長がの~んびりしているわけですね。


ペットボトルも便利ですが

日本人だからこそ知っておきたい

日本の茶文化。自然の摂理。

意識一つで

見えるものが変わってきます。

 ペットボトルのお茶も

誰かがどこかで育てている植物です。

それ以前に、

昔から活用されて来たお茶の木は

時代とともに変化して

とても面白いものなんですよ!
感性力をアップ出来るお茶の情報を
ここでも少しずつ書いて行きますね。