《スペシャリスト育成1日目》今を遥かに超えた「真のゴール」を決める

【感性プログラムは、深いものを楽しく!】

感性Lab.の成幸プログラムは、とにかく楽しくにぎやか!岡田先生もおもしろいことが大好きな、大阪のお父さんです。笑いや寸劇、音楽などを活用し、身体を動かしながら、新たな自分を発見して行きます。

単純なスキルを学ぶためのプログラムではなく、8日間で新たな自分を発見し定着させていく経験を通して、身体感覚でマインドとコミュニケーションを身に付けて行くのが、感性Lab.岡田裕之代表のプログラムの特徴です。

「思いっきり出してみる」再受講をして特に思ったこと。今の自分を出しきってみることを意識してみよう!

ある再受講生のフィードバックです。何度受講しても新鮮な気づきを得られるのは、集まる仲間に合わせて岡田先生の細かな構成が変化して行くから。そして「人は人で磨かれる」出会った仲間の個性も光るからです。

成幸プログラム・スペシャリスト育成クラスの1日目
テーマ『今を遥かに超えた「真のゴール」を決める』

【現状の自分を知る】

初日にまず行うことは、現状の自分をどう認識しているかの確認です。

この確認は、学びと共に変化してしっかりとした自分理解につながっていき、

またこの五感をそわせた現状認識の方法は、それぞれが自分の気付きを見つけるきっかけになります。


そして、新たな心のあり方を創っていくのに必要な「共感コミュニケーション」と「コミュニケーションの前提」について、理解と共に色々なワークを通して学んでいきます。

相手の心に寄り添って想いを引き出す深い共感コミュニケーション力は、8日間のプログラムを通して磨き続けるのですが、この基本形が初日に学ベるようになっています。

【2種類の共感コミュニケーションスキル】

共感コミュニケーションスキルには、言葉の使い方と、言葉以外の五感を使った2つに分かれています。

まず一日目は、言葉以外の場の雰囲気をつくり出している「空気感」をワークを通して肌で感じ理解して行きます。それが人と対話する時の基本のあり方になっていきます。

また、他者の心に寄り添って行く対話法は、成長感覚は個人差ですが、自ずと自分と対話をする時にも活用出来るようになっていきます。この深い共感コミュニケーション力を仲間と共に磨くことで、「なりたい私」を見える化していきます。


そして一日の最後は、8日間のプログラムでハッキリさせていく「なりたい私」をぼんやりと仮設定し、現状の自分の認識をしていきます。

感性Lab.代表 岡田裕之の感性力が発揮された成幸プログラムの進捗や構成は、ぞれぞれの受講生にとって今必要なものを届けるために、各クラスの雰囲気や受講生によって毎回変化して行きます。これが、また新たな気づきを生むきっかけになっていきます。

実際の講座の様子は、こちらにも掲載

●スペシャリスト育成クラス2日目の内容は、こちらから