昔からある日本緑茶のフレーバー

久しぶりに、しっかりと焙煎香の強いお茶をいただきました。
専門用語では、火香(ひか)と呼び、茶葉を焦がさずに、甘いカラメル様の香りをさせてあります。茶問屋の技術の一つです。
これは、若い葉のお茶なので特に甘い香りが立って来ます。

東京なら、この焙煎香で有名なのは、うおがし銘茶ですね。

  

鼻の前でぷんと香り、フレーバーでない方法で、わかりやすく差別化させるために、昔からあるお茶の香りの作り方です。
私は、このお茶。単品で飲むには焙煎香が強いので、ブレンドして使います。だからいただいて、ものすごく嬉しい!
これがあるのとないのでは、お茶の深みが違うのです。

見えないお茶の世界に、何を見るか?

どんな世界にも通じる視点ですね。

今日もお茶をどうぞ。