静岡校代表 金澤木綿の紹介

 金澤 木綿(かなざわ ゆう)

日本茶と感性を活かした コミュニケーションデザイナー/お茶の間トレーナー 

日本茶文化の魅力や奥深さを味わえるイベント企画や、感性力を磨くための日本茶講座、五感を活用したコミュニケーション講座に従事。25歳で日本茶に目覚め静岡県に移住し、販売業から2年間の農業研修を経験する。28歳から始めた世界のお茶講師業のおかげで、日本茶・紅茶・中国茶に偏りなく、精通している。

現在は、お茶をいれて飲みながら五感で自分や他者を理解していく、現代版茶道トレーニングを考案中。また、「人」だけでなく、「自然」とのコミュニケーション力も磨く提案していることから、各地の茶農家とパートナーを組み、『お茶うけ屋』サイトを運営している。

《理念》 心豊かに 心穏やかに暮らす人を輩出する

自分の価値感と調和を大切にしながら力強く生きる人が増えることで、社会の心は豊かになる。そのために、私たちは感性教育に力を注ぎます。そして茶どころ静岡だからこそ、感性力を活かした日本茶教育を通して、心豊かに心穏やかに暮らす人を輩出し、日本の茶文化を次代につなぐことを大切に考えています。

 金澤茶畑

≪金澤木綿の想っていること≫

「はじめまして」なのに突然ですが、私は「自分の価値感と調和を大切にしながら力強く生きる人」が大好きです。つまり、「仕事や人生の目的を目指し目を輝かせている人」が、大好きとも言えます。

そしてもちろん、私自身も常にそうありたいと思っています。

その理由は、そういう方々を観ているだけで清々しい生命力を感じ、そういう方々が自ずと集まって来る場所では、みんなが連鎖してキラキラと輝きだすのがはっきりと見えるから。

kanazawachakai

私は静岡県に移住し、大地に根付き力強く生きる自園自製の茶農家さんたちと交流し活動(詳細は「お茶うけ屋」へ)しながら、私自身の日本のお茶の見方や生き方に関する価値感を育ててきました。

私自身が考えるお茶の一番の魅力は、お茶を理由に人が集まり、ざっくばらんに語り共有し合う時空間です。日本茶と関わりながら、その目に見えない感覚をどのように表現し伝えていくことができるだろうかと。

そんな折に、感性研究所の岡田代表と出会い、岡田先生の扱う「心の技術NLP」の奥深さと、プロトレーナーとしての岡田先生のあり方に、日本の茶農家や茶道と同じ世界観を見出しました。

茶道

「人と人とが磨き合える 常の場」が感性研究所。まさに、私の想いと深く重なりました。

仕事や人生の目的を目指し目を輝かせている人が多くなれば、きっと周囲は照らされて明るく元気になる。

感性研究所で岡田先生から深く学び、一人一人に小さな明かりを灯していくお手伝いができるトレーナーという職業は、私自身の仕事や人生の目的に合致していていると実感しています。

さらに静岡からは、そこに「日本の茶文化」を添えていきたいと考えています。

身近な日本のお茶ですが、実は長く続いている日本文化には、目に見えない奥深い世界が広がっているんですよね。

ぜひ、広がる青い空とたくさんの緑、穏やかな気候と人が住む静岡県にぜひいらしてください。いつかあなたにお会いできるのを 楽しみにしています。

 金澤木綿

yu01

伝統的な日本の茶文化を「コミュニケーション技術」として、トレーニング出来るスタイルでご提供しています。(詳細はこちらへ)

産業である日本茶、心を育む茶道、世界の茶文化との比較など、あらゆる角度から日本を眺め、あなたにとって「いますぐ活用できる日本の茶文化」をご案内致します。

 

 

○o。.。───────────────

一杯のお茶から始まる
お茶の間コミュニケーション。
お茶と真摯に向き合えば、自ずと自分が見えてきます。
お茶って、やっぱりおもしろい!

自分だけでなく、目の前の人の魅力も
引き出す人になりませんか?

───────────────。.。o○

 

【略歴】  岐阜県出身 静岡県在住

●25歳で日本茶に興味を持ち、東京から静岡へ移住。
●問屋・小売を学び、2年間農業研修をしながら、業界全体の現場経験を積む。
●紅茶、中国茶、世界のお茶を学び、ティーセミナーを開催することで、世界から見た日本茶という視点を身に付ける。
●静岡県の茶農園と生活者をつなぐ、”農園茶の認知と、お茶する時間の普及活動”の場として、お茶うけ屋を開始。
 http://ochaukeya.com/
●感性研究所の静岡代表となり、茶道と実践心理学と日本茶を融合した、自他とのコミュニケーションセミナー、現代版茶道トレーニングを行う。

≪趣味:毎日、気持ちよく暮らすこと≫
・お茶を淹れて飲む至福の時間
・自園自製の茶農家さんに伺うこと
・自然農 植物の成長にワクワク
・質の良い食材で食事を作る
・ゆっくり食事を取る

この頃は、子どもたちと関われるボランティア活動に参加しています。

<著書>

東京の日本茶カフェ
『東京の日本茶カフェ』  2008年 東京地図出版

<取材・メディア>

・静岡新聞社 ・NHKラジオ ・NHK 

・料理通信  他多数

<資格>

・日本茶インストラクター (NPO法人日本茶インストラクター協会)
・日本茶道インストラクター (日本茶道塾)
・NLPビジネスマスター/コーチング (米国NLP協会)
・感性研究所研究員 (一般社団法人感性研究所)