お茶を飲みながら会話をしていただけで、いつの間にか思い込みから抜け出せた

お茶を飲みながら会話をしていただけで、いつの間にか思い込みから抜け出せた

「お茶の間コミュニケーション講座」3期を受講

昨年5月から受講し、その半年間で

心の奥底にあった思い込みが すっかり解けた様に思います。

夫婦間での会話の食い違いに歯がゆさを感じていた頃は、

「結婚」や「夫婦」という事に、○○でなければならない!こうあるべきだ!

と無意識でプレッシャーをかけ 

主人にもそれを求めてしまっていたのかな。と今では思います。

等身大でいることの心地良さを実感

講座を受けるごとに、自分はどんな人間なのか、

何を求めているのか、何を感じているのか、どうなりたいのかを知り、

自分で自分を認めることで 

無理せず 気張らず 等身大でいることの心地良さを実感できました。

自分一人では堂々巡りだった事も、

先生と一緒にお茶を飲みながら会話をしていただけで、

いつの間にか抜け出せました。

講座が終わった今でも、自分の好みのお茶を淹れ、

最後の一滴まで楽しむ時間を大切にしています。

ありがとうございます。

 

2016年 1月14日  静岡県 30代 女性 

お茶をいれる練習をしながら、お茶をいれながらする開く会話法を同時に学ぶカリキュラムなのですが、半年後彼女がどんどんと美しい女性になっていくのがよく分かりました。(開く会話法とお茶のいれ方を身に付けると、外見が美しくなる理由は、こちらに書きました。)

急須を自分では使った事がなかった方でしたが、美しい所作と自分好みのお茶をいれられるようになり、大人の女性としての知性を身に付けることが出来るが、お茶の間コミュニケーション講座の最大の魅力だと思いますね。


とことん自分の中の声を掘り出す作業を一緒にしてくれる人

とことん自分の中の声を掘り出す作業を一緒にしてくれる人

個人コーチングを受けた方の感想

現在専業主婦をしているが、子育てをしながら何か出来る仕事はないか、

社会的なつながりをもてないか、また本当にそれができるのか?

そんな漠然とした思いがあり、コーチングをお願いしました。

金澤先生とはきちんとお話しするのは初めてにもかかわらず、

まるで既知の友人と話をしているかのようにリラックスして、

素の自分のことを話せました。

最初は1時間で足りるかな?と思っていたが、

時間を気にせず全部話せたのでとても満足でした。

コーチングを受けて、自分が思っている以上に、

自分が家族と子育てを大切に思っており、仕事よりも重きをおいていることに気付きました。

自分の中での人生における大切な軸が明確になったため、

迷いがなくなった気がします。 

誰かに決められた「労働」ではなく、自分なりの活動を

していけばいいのではないか、と視野が広がりました。

 

金澤先生を人に紹介するなら、

「すごくリラックスして、自分の頭を整理できる時間が持てるよ。

あなたは○○したほうがいい、すべき、というアドバイスやお説教ではなくて、

とことん自分の中の声を掘り出す、という作業を一緒にしてくれるよ。」

と伝えます。

   東京にて 2014年9月16日     東京都在住 30代 あいさん 

お話を伺いながら、途中で「ねばならぬ」と「したい」の感情が混乱されている様子も見受けられたので、イメージワークを取り入れながら、本音を浮かび上がらせました。本人も予想外の気持ちが湧きあがりほろりとされていましたが、すっきりとして帰られました。


モヤモヤ悩んでいる時に、自分自身を見つめ直したり、これからどうすべきか自分なりに考える為のお手伝いをしてくれる先生

モヤモヤ悩んでいる時に、自分自身を見つめ直したり、これからどうすべきか自分なりに考える為のお手伝いをしてくれる先生

個人コーチングを受けた方の感想 

金澤先生は、初めて会った私に対し、心理学に関する知識やキャリアを

ひけらかす事なく、私の話をじっくり傾聴した上で、

私の考えを“言葉”として引き出す流れをスムーズに作り出し、

更に紙に書かせる事で、方向性や内容を再確認させてくださいました。

それは、やはり豊富な知識や経験が無いと、自然に出来ない技術であると思います。

場所についても、ビルの一角の無機質な狭い空間(個室など)ではなく、

今回は日本茶を気軽に頂けるお店にして頂いた事で、

初回でも、強い緊張感を持たずに伺えた気がします。

こういった場所でも隣席の客の会話や店内の雑音が

全く気にならないほど集中出来たのは、私自身、

金澤先生の話す内容に強い関心と興味を持ち、

“もっと聞きたい、話したい”と惹きつけられた為だと思われ、

この点からも、人を引き寄せる力を持つ金澤先生に魅力を感じました。

 

コーチングを受けて気付いたことは、

『他人に悩みを相談する際、凡そ自分の答えは決まっているものだ』と

聞いた事があるのですが、やはり、そうかもしれないと感じました。

モヤモヤしていた中で自分なりに漠然と考えていた事と大きく逸れる事は無く、

その進め方が分かった事で、相談前と比べ不安が少し拭えた様な、

一歩踏み出したい様な、前向きな気持ちになっている自分に気付きました。

 

金澤先生を一言で紹介すると、

  『モヤモヤ悩んでいる時に、自分自身を見つめ直したり、

        これからどうすべきか自分なりに考える為のお手伝いをしてくれる先生』

  『道に迷った際、どう進んだら良いかを考えるヒントを教えてくれる先生』

  『お茶を淹れる所作が素晴らしい気さくな先生と、自分を見つめ直す相談が出来る講座』

こんな言葉でお伝えすると思います。ありがとうございました。

 

2014年9月16日 東京にて    横浜在住 40代  久美子さん

 

ご自分でも講座を開いてみたいと思いながら、一歩を躊躇していたご様子。

頭の整理をお手伝いして、それを紙面に落とし込む作業をしました。

 


オトクな時間へのヒントが詰まった講座

オトクな時間へのヒントが詰まった講座

(お茶の間コミュニケーション講座」一期を受講)

最初は戸惑い、その後は自分の世界を広げる糸口に!

昨年9月より半年間 お世話になりました。

現状を何とかしたい。
お茶についての知識をより深めたい!
そんな気持ちで参加させていただくことにしたセミナー。

考えていたことと違うことに戸惑いながら、
コミュニケーション能力について
新しい感覚で、自分の世界を柔らかく広げていく糸口が見つかった気持ちでいます。

日々時を重ねてゆく中で、立ち止まってしまえば何とかくぐり抜けられる。
そんな思いで過ごし、何と無意味な時を過ごしていたことに気づいた気がします。
少し向きも変えてみます。 これからですね…。

オトクな時間へのヒントが詰まったお稽古

講座の中では、日常での生活に追われ過ごして来たことで、戸惑いながら、ちょっとした考え方、思い方の変えてみることの大切さ、こんなこともあるんだよ。と思えることが多々あり心が軽くなりました。

オトクな時間へのヒントの詰まったお稽古でした。

これからは、しばらくテキストを見なおし欠席して受講できなかった講座への参加も機会が出来ましたら連絡させていただきたいと思います。

素敵な時間をありがとうございました。

昨日は静岡で今日は東京で桜開花の便りが届いた春の日に

浜松 明代 50代

2015年 3月23日

 

明代さんは、お茶の間コミュニケーション講座の一期生さんです。どちらかというとコミュニケーションスキルを中心とした講座の組み立てをした初回でした。集まった受講生さんが同世代でもあったため、楽しみながらご参加頂きました。随分と半年で考え方が柔軟になられていました。  金澤木綿


静岡校代表 金澤木綿「コーチとしてのあり方」

静岡校代表 金澤木綿「コーチとしてのあり方」

真似たいのは、コーチとしての姿勢。

2年半かけて、じっくりと感性コーチングまで学ばせて頂いた中で、一番真似たいと感じたことは、「コーチとしてのあり方」です。いつでもどんな時でも、余分な色を付けずに安定感を持って接する岡田先生の姿勢は、講師業を営むものには必須だと感じました。

「まずは、あなた自身を輝かせなさい」というのが、いつも受講生に対して先生から発せられるメッセージでした。

「目の前の人の魅力を引き出せる人になれ。」

もう一つ、「自分の夢を持ち、魅力ある人生を歩んでいる実践者」であることの大切さを教えて頂きました。先生自身が歩みを止めない姿勢に共感し、また私自身もそうありたいと思っています。

「目の前の人の魅力を引き出せる人になれ」というコーチとしての姿勢を、岡田先生や仲間と共に笑い、語り、サポーターとして時間を共有する中で身に付けて行けるのが、感性研究所の魅力だと感じます。

「私自身の夢の、実践者になる」

 そして私自身は、日本茶を活用した感性コミュニケーションを通して、日本の茶文化をもう一度暮らしに取り入れ、心豊かに心穏やかに暮らす人を輩出するお手伝いをさせていただきたいと考えています。

この感想は、2015年岡田先生の著書「人が喜んで動く!共感コミュニケーション法~人が想い通り動く時~」に寄稿したものです。まるで、先生のセミナーを受講しているかのような文章構成になっている書籍で、セミナー風景がそのまま目に浮かびます。

 


山﨑里美さん「知識と経験の両輪を大切にして成長し続ける」

山﨑里美さん「知識と経験の両輪を大切にして成長し続ける」

感性研究所NLP本科コース(プラクティショナー・マスタープラクティショナー受講)

一番心に残ったのは、受け入れてもらえる感覚と 自分の感覚を大切にすること。

 2013年当時、感性研究所静岡校理事だった方との出逢いがきっかけでNLPを受講しました。今、1回目受講時の頃を思い出すと浮かぶ言葉は「混乱」です。普段使わない脳の部分を使うこともあって、すごく疲れた記憶もあります。修了した時に一番心に残ったのは、「ありのままを受け入れてもらえる感覚」と「自分が感じることを大切にしよう」ということでした。

 そして、1年後に再受講したかったのですが、いろいろなタイミングが合わず断念、2年後にそれが実現しました。でも、「今」であることが私にとって必要だったのだと思います。この2年間、NLPの一つ一つを覚えていたとか、実行したとかいうわけではありませんでした。でも、不思議と身に付いている感覚がありました。

2年間で、自然と身に付いていた3つの感覚。

一番は、落ち込んだり、人をうらやんだり、卑屈になったりしたときに、出来るだけ早く自分の気持ちを「良い状態」に戻すことができるようになっていたこと。そして、自分に必要かそうでないか、タイミングは今か今でないかなどのフィット感(一致感、不一致感)を大事にできるようになっていたこと。あとは、安心感やリラックス感を簡単に感じられる方法。たぶん、他にも言葉に出来ないこと、自分で気づいていない変化も多々あることと思います。

再受講で一番心に残ったのは、進化し続けることの大切さ。

2度目の受講を終えて今一番心に残っているのは、自分のあらゆる面で進化し続けることの大切さ、そして、「失敗」は単に私の捉え方であって、「失い敗ける」ことは何もない、必要なのはフィードバックと、やはり進化し続けること。

感性研究所のNLPには、そのメンバーに合った雰囲気や進み方があるからこそ、生きた学びが得られる。

 感性研究所のNLPは、ただ単に頭で理解するだけではありません。体感を通して深く学ぶことが出来ます。時には自分でも気づかない部分に影響することもあります。岡田先生は、その時のメンバーによっても働きかけ方を変えられるので、クラスごと雰囲気や進み方も違います。でもそれによって、そのメンバーだからこその生きた学びを得られるのだと思います。そこで出逢えた仲間たちは、お互いに刺激し合える一生の宝物です。心から感謝しています。

私の見つけた理念「子どもの笑顔とイキイキは大人のイキイキから」

「子どもの笑顔とイキイキは大人のイキイキから」。これは、私の活動理念です。1回目のNLPの時に理念の大切さを教えて頂き、1年半かけて、やっと「これだ」というものが見つかりました。これからも、知識と経験の両輪を大切に、カウンセラーとして、人として、成長し続けていきたいと思っています。

 

1回目プラク修了 2013年8月
再受講プラク修了 2015年7月
感想を書いた日 2015年9月15日

感性研究所NLP本科コースのマスタープラクティショナーまでを受講されたカウンセラー、山﨑里美さんからの感想です。2015年9月現在、彼女は 静岡校にてマスターの再受講中です。再受講の真価を肌身で感じている里美さんだからこそ、今の自分の立ち位置を確認するためにも、定期的に再受講して行き たいと言われていたのが、とても印象的でした。今後も里美さんの進化を感じる度に、お声を聞かせて頂こうと思っています。お楽しみに!  

2015 9/25  静岡校 金澤木綿

 

山崎里美

心edu.Seeds
新米ママ専門カウンセラー 山﨑里美さん

静岡県スクールカウンセラー
通信制高校非常勤講師

現在、藤枝市内、静岡市内、および清水区内自宅にてカウンセリング、講師等行っている。

ブログ:新米ママ専門カウンセラーのブログ