弱音をはけると強くなる訳~がんばる女性を応援したい

もう少しがんばれる、まだがんばれる

弱音吐いちゃダメ

私はすぐに弱音はくんだから

自分に負けたくないから

あっちの子も、こちらの女性も

がんばってしまう女性たちが

こんなにいるんですね・・・

私、キュンときてしまいます

がんばってる女性を見ると

素直に、応援したくなる。

そんながんばるあなたは

どこかに、

素直に弱音を吐ける環境を

持っていますか?

表向きは食いしばってがんばれる人ほど、

思いきり弱音をはいて、

オイオイ泣いても大丈夫な

環境があるといい。

弱音を吐くなんて、自分に負けるようだ!

人に弱いところを見せるのは、恥ずかしい!

まだがんばれるし、私は自分に甘いからダメ。

一度弱音をはいたら、

本当に弱くなっちゃいそうで、イヤだ!

そんな気持ちも湧くかもしれないけれど、

実は、そうじゃないんですよ。

もう今すでに、フルでがんばってる貴女は

弱音をはいて、弱くなるなんてことは

絶対に、ありません。

だってね、ブレーキを踏みながら

全力でアクセル踏んでるという現状でも

貴女はがんばっているんです。

そのブレーキに乗せている

足の力を抜いて行ければ、

勝手に楽々と前に進んで行けるはず。

〜〜〜

もし、思いきり弱音をはいたら

どんな感じがします?

〜〜〜

特別、何も解決していなくても

なぜか、気持ちが楽になる予感。

どこか、スッキリ身体が軽くなる感じしませんか?

開きなおって、改善策を探したくなりませんか?

そんな感じすると思った方は

今もうすでに、がんばっている人なんです。

で、ね。

弱音を吐くってことは、

今の自分をそのまま認めてあげる

ってことなんですよ、ね。

だから、すでにがんばっているからこそ

健康的に弱音をはいてもいいような

安心環境、安心関係を作って行くと

行動も心もパワーアップすること

まちがいなしなんです。

ボクシングでも、休憩しますよね!

ちゃんと信頼出来るパートナーに

フォローアップしてもらいながら

また、戦いに出て行きます。

がんばるのは、本人にしかできないこと。

そこは変わってあげられないからこそ

後ろの休憩タイムでは、

最善の環境を作りたいわけです。

専門家がつくわけです。


近しい関係の中で、心に健康的な

弱音を吐ける環境があるならば

そこに甘えるのも一つの方法ですね。

でも、近いからこそ心配かけなくないと

思うこともあるかもしれません。

弱音を吐くことは、

愚痴を言うのとはまた違うものです。

弱音は、もっとがんばりたいという想いから

出てくるもの。

ダメかもしれないけど、あきらめたくない!

そんな強い想いを持っているということ。

弱音を吐くなんてムリ!

と今思ったあなたほど、感性lab.に来て欲しい。

弱音を吐きにおいで下さい。

ここでこっそり、思いきり泣かせてくれ〜!

という男泣き?の女性も大歓迎ですよ。笑

そうしたら、

あなたは必ず良くなる!

そういう女性は、必ず伸びる!

自信持って、大丈夫!


だから、思いきり弱音を吐いても

いい相手かどうかを、

安心できる環境かどうかを

感性lab.を、見に来て下さい。

私の顔を、大阪の岡田代表の顔を見に来て下さい。

あなたの弱音をリニューアルして、

あなたの中から奏でる

美しい音に変えて行きませんか?


私は、がんばってる女性を応援したい。

もっと力を抜いて、楽にのびやかに

女性らしさを醸し出しながら

凛とした強さも合わせ持てる女性に!

今の自分に不具合を感じているなら、

今がタイミングです。

心もコミュニケーションも、

気づいた本人にしか

変化を起こすことはできませんから。

良かったら、一度会いにおいでくださいね。
随時セミナーを開講しています。
8月からは新コースが始まります。

夏クラスで来年の自分作りを。

詳細は、こちらに。